フロアコーティングは新築物件に必要性が感じられない4つの理由

建売・注文住宅それぞれ購入する多くの方が、一度はフロアコーティングを検討したことがあると思います。

結構この問題で悩まれるお客様は多いです。

おそらく今このページを見てくれているあなたも「フロアコーティング 必要性」と検索してくれているはずです。

 

この質問は私、大月も建売住宅を購入されたお客様(仲介会社のお客様も含む)方から、「フロアコーティングを行った方が良いのでしょうか?」と良くいただいておりました。

そして私の回答は決まって・・・

元住宅営業マンの大月

基本的にはフロアコーティングは必要ありせん。

最近の床はワックスフリーで傷がつきにくい材質の上、フロアコーティングは全部屋行うと高いので、フロアコーティングをやるとしてもLDKだけですね。

と回答しておりました。

この意見は元住宅営業マンとなってしまった今でも変わりはありません。

なんなら、フロアコーティングを行うなら、「バルコニーに、物干し付き屋根を付けたほうがいいですよまで丁寧に回答していたほどです。

ここまでフロアコーティングを行う必要性がないと思っているのには、これから紹介する4つの理由が関係しております。

もちろん感情的な理由ではないので、フロアコーティングを行う計画がある方でもぜひ参考にしてフロアコーティング業者を選んでもらえればと思います。

 

フロアコーティングの必要性が感じられない4つの理由

 

フロアコーティングの必要性が感じられない4つの理由

☑最近の建売住宅の床材は、ワックスフリータイプが主流なのでフロアコーティングのメリットは光沢しかない。

☑フロアコーティングが一番きれいな時は施行したその瞬間が一番輝く。傷がついてくると光沢が無くなっていく。

☑フロアーコーティングの保証内容は業者によってまちまち、経年劣化によるものは保証してくれない上、売主の保証はなくなる。

☑金額の高さからオススメができない。

1つずつ解説していきます。

 

フロアコーティングを行う最大のメリットは、半年に1度のワックスがけがいらない。しかし最近の建売住宅の床材は、ワックスフリータイプが主流なのでフロアコーティングのメリットは光沢しかない。

 

フロアコーティングを行うことで、家具の引きずりや、子供が床にものを落としても、床に傷がつかなくなります。

さらにフロアコーティングを行う前と、フロアコーティング施工後だと光沢が出るので、住宅に高級感が増します。

出典:http://www.mitsumori-navi.biz/floor.html

画像をみてわかる通り、フロアコーティング施行前と施工後では、床の輝きが違うのがわかると思います。

また、わざわざ高いフロアコーティングではなく、ワックスをかけることでフロアコーティングと同様に光沢を出して、床が傷を防ぐ方法もありますが、フロアコーティングとワックスがけの違いは、耐久力と手間です。

 

ワックスはフロアコーティングと比べて、耐久力がない為、半年に1度程度のワックスの塗りなおしをしなければなりません。

仮にフロアコーティングの耐久年数が20年だった場合、単純計算すると40倍の手間がかかります。

更にワックス掛けを繰り返しているうちに、床が黒ずんできます。

塗り直し前のワックスの膜の上にあるゴミと、新しくワックスの膜がサンドイッチされた状態になり、数回ワックスをかけると床が黒ずんでくる場所が出てきます。

 

黒ずみを取るためには、一度塗ったワックスを床から剥離させる必要があるのですが、ワックス掛けの恐ろしいところは、使用する剥離剤のアルカリ性が強すぎたりすると、フローリング事態に傷が付いたり、表面が剥がれ落ちてしまう事があることです。

塗り直しが多いワックスに起こるデメリットです。

一方で、フローリングは一度かけてしまえば、耐久力は最低でも10年以上ありますので、フロアコーティングの保証年数が切れたとして、再度フロアコーティングの上から塗りなおしてしまえばOKです。

 

しかし、最近の建売住宅の床材は、ワックスフリー(ワックス掛けがいらない)タイプが主流になってきております。

ワックスフリーの床材が出たおかげで、フロアコーティングのメリットは光沢を得られるぐらいしか思いつきません。

ワックスフリーと聞いて、ワックスをかけないと傷がつくのではと思ってワックスをかけてしまう方がいますが、かえって逆効果なのでやめてください。

詳しくは下記の引用文でご説明します。

ワックスフリータイプの床はシートフロアが多いですがこれにワックスを掛けてしまうと、ワックスはある程度期間が経つと定期的な塗り直しが必要です。

その時今までの汚れを一度除去するためにはワックスを剥離をしなければなりません。この時大量の水でワックスを取り除いていくのですが、シートタイプだと水を含んで膨らんでしまうタイプのものがあります。

ある程度乾燥すれば凹むのですがその時皺が出たり歪んでしまったりします。こうなると戻すのは困難でフローリングの部分交換になってしまいます。

出典:フロアコーティングいろいろ

つまりワックスをかけて、黒ずみをはがそうとする際に使用する水が、ワックスフリーのシートにダメージを与えてしまうのです。

最初から傷がつきにくい床材を建売住宅レベルでも取り扱うようになりました。

ワックスフリーと比べて、フロアコーティングのメリットは床材が全く傷つかないと、光沢がでるの2点です。

 

フロアコーティングが一番きれいな時は施行したその瞬間が一番輝く。傷がついてくると光沢が無くなっていく。

 

フロアコーティングが一番きれいに仕上がるタイミングは、フロアコーティングを施工したその日です。

その日を境に、フロアコーティングは家具の移動や、子供たちが走り回ったりすることで傷がつき、光沢はどんどんなくなっていきます。

当たり前です。

フロアコーティングは有機物なので、床に傷がつかないとしても、フロアコーティングには傷がつきます。

光沢の高級感にあこがれて、フロアコーティングを行うのであれば、保証期間の最後の方には光沢が無くなっていることを前提に施工する必要があります。

 

フロアーコーティングの保証内容は業者によってまちまち、経年劣化によるものは保証してくれない上、売主の保証はなくなる。

 

フロアコーティングを行う上で注意しなければならないことは、保証年数と保証範囲・内容をです。

保証範囲は20年~30年程度に設定されている業者が多く、保証年数が長い業者の方が施工費が若干高くなります。

業者によって10年も保証年数が変わってきますので、業者をチェックする際の重要な項目です。

保証内容のチェックよりも、フロアコーティングの剥がれなどの不具合による保証範囲・内容(アフターサービス)をチェックしなければなりません。

 

なぜなら、フロアコーティングは、自分の家の床に施工する関係上、床に傷をつけるのを防ぐこと前提に施工している為、どうしても故意重過失(所有者の責任)に該当しやすい商品だからです。

実際にたった1回でも子供が物を落として結果、フロアコーティングが剥離してしまった場合のアフターサービスは、保証対象外になってしまいます。

でも・・・フロアコーティングって保証期間20年間以上と聞いて、床に傷が付かないと思って施工したのにも関わらず、たった一回のミスで保証対象外や有償にされてしまったら、何のために高い金額を払って施工したのかわからなくなってしまいます。

実際にとある企業の保証内容は主にコレです。

無償修理

水滴の放置、熱湯の飛散による溶け出しや剥がれ

Clean Express工事の施工不良
1.塗装面のカスレ、塗り残し
2.塗装後の塗膜の密着不良による剥れ

保証期間中でも次の場合は原則として有償施工にて対応致します

・本保証書のご提示がない場合。
・本保証書の記載内容が書き換えられた場合。
・建物工事の工事不良を起因とする場合。
・入居者の故意、又は過失による損傷。
・その他天災地変により損傷した場合。
・通常の負荷・管理状態でない、建物の構造に起因する場合。
・フローリング自体に劣化、及び性能に起因するもの。
・工事完了後、他業者の作業による損傷。
・磨耗、汚れ、退色等の自然劣化。
・周辺の自然環境、住環境等に起因する不具合及び劣化(砂塵、金属粉、降灰等)

出典:https://www.noritz-procoat.com/02coating/04_2care.html

要は、自分たちのミスは無償だけど、一回でも買主のミスがあればすべて有償ですって内容です。

 

アフターサービスの年数は有償保証も含んでいることに注意が必要です。

 

企業によっては、年1回の訪問点検をしてくれる業者があったりもします。

お客さんの家に施工して、床に傷をつかないようにフロアコーティングをするのに、傷がついても保証は有償ですとか、最悪は受け付けませんって、ちょっと矛盾している気がします。

それでもフロアコーティングを頼むならこんな業者がよいでしょう。

フロアコーティングは高額です。施工終了後に、知らん顔なんかしていたら必要性どころか、する意味はどこにもありません。

それに施工地は、お客様の家です。気をつかうことなく、自由に自分らしく、力を抜いて暮らす場です。

それにもかかわらず、お客様でお付けになった傷は、保証の対象外です・・・。

では、誰が傷をつけるのだっ。お子様も伸び伸びと育てて頂きたい。子供は世界の宝です。

子供をそんな些末なことで叱ることの無いように、当社があるのです。

出典:フロアコーティング森のしずく

 

また建売住宅の独自のアフターサービスで、床に不具合が生じた場合、2年間が対象になっているケースが多いのですが、フロアコーティングをしまった場合、建売住宅の責任とは言い切れませんので、短期保証が受けられなくなるも忘れてはいけないデメリットです。

元住宅営業マンの大月
フロアコーティングをおこなう際に、これらの事を説明しないで施工していることがほとんどです。

 

フロアコーティングの費用の目安はいくら?金額の高さからオススメができない。

 

私個人的にはフロアコーティングを行う必要性を感じないのですが、費用の目安と耐久力年数だけはお伝えしたいと思います。

フロアコーティングの費用の目安(私が工務店から紹介してもらっていた時の単価)

☑水性(ウレタン)コーティング 耐久力年数3年 ㎡単価5,000円

☑油性(ガラス)コーティング  耐久力年数10年  ㎡単価7,000円

☑UVコーティング       耐久力年数30年  ㎡単価円10,000円

単価だけではわかりずらいので、LDK16帖にガラスコーティングを行った場合の費用を算出します。

ガラスコーティングをLDK16帖のみ行った金額はいくら?

LDKを㎡に直すと16帖=8坪=8×3.30578=26.45㎡(四捨五入後)

26.45㎡×7,000=185,150円

約18万円です。

ね!?高いでしょ。

もし全部屋を行うと簡単に50万円以上かかりますので、施工するなら費用負担についてよく考えましょう。

 

新築物件を購入している人が行っているオプション工事ランキングにフロアコーティングが入っているか?

出典:https://www.okura-kikaku.com/blog/entry-75619/

 

おそらくこの内容は私の認識とそこまでズレはありません。

これにプラスして網戸工事があるぐらいじゃないでしょうか?

私が担当してきた約200名程度のお客様の中で、フロアコーティングを依頼された方は2件です。全体の1%です。

 

新築建売の販売する仲介会社が抱えているオプション業者の中には、フロアコーティングをごり押しして進めてくる方がおります。

オプション工事のランキングを独自で取ってみた結果

新築戸建てのオプションのおすすめは?アンケート結果のランキングTOP10

 

まとめ

 

フロアコーティングの必要性を簡単にまとめさせていただきます。

フロアコーティングの必要性が感じられない4つの理由

☑傷が尽きずらいワックスフリーの床材が建売住宅でも使用されるようになってきた。

☑フロアコーティングが一番きれいなのは最初だけ、後は劣化していく一方(光沢も失っていく)

☑フロアコーティングの保証期間よりも保証内容に要注意!傷をつけることが前提の商品なのに、保証がないか有償のどちらかしかない。無償のところがあればベスト!

☑全部屋をフロアコーティングを行うと、あっという間に50万円を超えてしまう。コスパが悪い。

 

上記の4つの理由で、私は新築物件にフロアコーティングを行う必要が感じられません。ご参考になれば幸いです。

それより床暖房を後付けで付けた方が満足度がたかいかもしれませんね。下記の記事で後付けしてみてはいかがでしょうか?

床暖房はあとから設置できる?建築後のリフォーム費用と2つの注意点

元住宅営業マンの大月

元住宅営業マン一押し!

未公開物件・注文住宅の情報収集に使えるサービス3選

 

タウンライフ家づくり:★★★★★

全国600社の大手ハウスメーカー&地元工務店から複数の間取り&資金計画が無料で手に入れられるハウスメーカー相見積もりサイト。プラン力は勿論・1つのハウスメーカーにとらわれない家造りが出来るのがオススメ!

タウンライフ不動産:★★★★

100人中44人が未公開物件が貰えたと好評!独自の基準をクリアした全国300社の大手&地元不動産会社に直接問合せできるので注文住宅の土地探しにオススメ!もちろん都内の未公開物件も狙えます。

HOME,S 住まいの窓口:★★★★

資料だけじゃ分からない!電話でいろいろ教えて欲しいって方にオススメ。テレビCMで有名なホームズ:住まいの窓口で住宅購入に関する疑問を始め資金計画の相談を朝10時~夜20時までできます。お仕事帰りでも相談できると好評!