ハウスメーカー購入体験談・口コミ

新築購入時に妊娠が発覚したら住宅ローンが通る?妊娠で苦戦した体験談と対策とは

投稿日:2018年12月29日 更新日:

今回の体験談は、住宅購入中に主たる債務者である奥さんに妊娠が発覚して住宅ローンが苦戦したという体験談です。

 

ペアローンなどで奥さんの収入を合せて住宅ローンを組む方が増えてきておりますが、妊娠が発覚するとかなり厳しくなります。

当然妊娠中でもローンが借入れ出来る場合もありますが、条件を満たさない限りは借入れが不可になります。

 

新婚さんなどで、子作り・住宅購入をセットで行うことは普通にあると思います。

今回は、新築建築時に妊娠発覚し住宅ローンに苦戦した体験談・対策をご紹介させて頂きます。

 

購入エリア(都道府県だけで結構です。)ご家族構成・希望条件及び資金計画・住宅ローンの利用について教えてください。

■購入エリア:東京都

 

■家族構成:父、母、自分(当時妊娠中)、夫

 

■希望条件:駅徒歩10分以内、日当たり良好、玄関が2つある縦割りの完全分離二世帯住宅、閑静な住宅街、駐車場のスペースとして3台分必要、犬専用の部屋が欲しい、今現在よりも狭い家に住みたくない(父母の居住宅は建坪35坪)、土地坪数70坪以上、輸入住宅風の外見が良い、パノラマを付けたい、ピアノを両世帯に置きたい

 

■資金計画:土地代5200万円(更地渡し予定)、建物代3800 万円の合計約9000万円+諸費用1000万円として、総計1億円うち、2300万円自己資金、居住中の土地売却と所持土地売却により2000~3000万円が見込めるため住宅ローンの繰り越し返済を予定。

 

また、キャッシュではないものの、満期待ちのもので1000万円、投資資金関連が500万円。

 

■住宅ローン:事前審査は三井住友銀行、イオン銀行、JAの3社。本審査はJA。

 

購入したハウスメーカー(分譲会社)名と契約した決め手・特徴を教えてください。【正式な会社名でお願いします。】地元の工務店NG

 

■購入したハウスメーカー:株式会社フラワーホーム

■決め手・特徴:建設と不動産どちらも行える会社であることと、輸入住宅風の家を建てられるハウスメーカーであったため。

 

また、他の株式会社古川工務店や株式会社セルコホームなどと比べて、建坪単価が安い割に標準仕様が充実しており、オプション関連もカスタマイズが自由に行えた。

 

また、間取りの作成や見積もり作成も迅速に対応していただけたためです。

 

フラワーホームと同じエリアにある地元埼玉で根強い会社は下記の会社です。

参照:中央住宅の提案は魅力的って本当?ポラスの建売を購入した体験談【口コミ】

 

戸建購入をして良かった点とは?購入したハウスメーカーの良い点も教えてください。

 

完全分離の二世帯住宅なので、お互いの家庭のプライバシーが守られつつ、頼れる部分は十分頼りやすい環境ができています。

 

家族全員の希望も通った家が建てられ、広めのウォークインクローゼットやシューズインクローゼットの設置など、一般的に住宅情報雑誌では掲載されていないような自分たち専用の間取りの家が建てられたのが一番良かったです。

 

また外壁や外構に関しても、何パターンも材料や見本をみる機会や、実際に完成した住宅見学も頻繁に誘って頂けたおかげで、自分たちの建てる家がどのようなものになるかをイメージしやすかったのもあります。

 

間取りに関してはハウスメーカーさんが積極的に提案してくださり、また細かい修正箇所についても資金面で不安な部分はサービスで対応してくださったりと、コミュニケーションを積極的に取り合うことで上手く完成まで進めることができました。

 

最終的にはなるべく無駄のない間取りを目指し、家族側で提案したものをハウスメーカーさんにご確認いただき、その通り作成していただくことになりました。

その点に関しても、専門家視点でのご意見を遠慮なくいただけたのでとても良かったです。

元不動産屋:秋 だい

通常は、なかなか提案はされないものです。(提案されると仕事が増えるだけなので)

提案されなかったと不安になっていた体験談はこちら

参照:九健ホームの条件付き売地の購入体験談と条件付き売地の2つの注意点を元プロが解説

 

戸建住宅購入時の思わぬ失敗点・後悔したポイントを教えてください。(妊娠者必見)

土地探しを長く行っていたため、父の定年に引っかかる事態になってしまったことから、通常のメガバンク系銀行のペアローンや親子リレー型の2名で受ける住宅ローンが借りれなくなってしまったことが失敗かと思います。

ただ、良いという土地がなかなか出てこなかったために起こったことであり、現在の土地には満足しているため、失敗とまではいかないまでも、もっと早いうちから二世帯住宅の話をして、土地探しをしていれば良かったと思います。

 

また、出産に関しても産休前後、育休などにより収入が減るため、収入合算を行ったとしても、娘である私を中心とした住宅ローンの組み方が難しかったです。

団信にも入れるかどうかという話をされたくらいなので、妊娠前か出産後育休明けの状態での土地購入・住宅ローン相談に進めればより話として通りやすかったと思います。

 

また、土地の引き渡し日が出産後の2週間前後となっていたため、母体に何か問題があった状態だと団信が通らなくなり、そもそも住宅ローンが借りられないという状態であったため、二世帯住宅の話自体が無くなりかねない状態でした。

なるべく自己資金があるに越したことはありませんが、極力「妊娠」は戸建て住宅購入時に重ならない方が良いと思います。

 

これから戸建を購入する方へアドバイスをお願いいたします。

 

土地探しはなるべく早めに行うことと、どのような家を建てるのか、今後の家族はどのように暮らしていくのか、親とは同居をするのか、完全分離の二世帯住宅にするのか等、将来についての家族同士の話をなるべく早い段階から行っておいた方が良いと思います。

 

また、土地探しと同時に、家族がイメージする家がどのようなものかの話を積極的に行い、ハウスメーカー選びも同時に行えると尚良いと思います。

土地が見つかってからハウスメーカーをじっくり選んでいる期間はあまりないため、住宅展示場などへ足を運んでおくと良いです。

 

また、家のサイズ感を知るにも住宅展示場は非常に優れているので、間取り図を受け取って1畳がどのくらいの広さか、キッチンがどのくらいあればよいか等は家族で認識あわせをしておくのが望ましいです。

 

住宅ローンは、定年・妊娠・団信に入れるかどうか、などが大きな課題となります。

もし通常の銀行(三菱、三井住友など)では融資が難しいとなった場合は、地元に根差している信用金庫やJAバンク等に相談すると良いと思います。

 

住宅ローンの組み方も3人(父+娘+娘婿や父+母+娘など)やそれ以上なども対応してくださる場合があります。

もし頭金関連が用意できないとなったとしても、収入合算関連で住宅ローンを組むことが可能な場合もありますので、資金計画関連は不動産屋やハウスメーカーで聞くよりも銀行などに直接伺い相談するのが良いです。

夫婦の収入合算にも2種類あるので、それぞれの状況・資金計画に合わせて利用する事をお薦めします。

夫婦で住宅ローンを組むなら即知るべき【連帯債務】と【連帯保証人】の4つの違いを解説

 

 

妊娠が発覚すると住宅ローンが厳しい2つの理由

ココがポイント

☑妊娠は病気扱い!生命保険・団体信用生命保険が原則通らない。

☑奥さんがローン実行までに職場復帰しないとローンが下りない。

1つずつ解説していきます。

妊娠は病気扱い!生命保険・団体信用生命保険が原則通らない。

妊娠は出産時に母体である奥さんの命の危機があるので、妊娠7ヶ月を越えると、病気扱いになり一般的な生命保険では加入できないのが一般的です。

 

生命保険が通らないと言う事は、住宅ローンの生命保険の代わりである団体信用生命保険も通らないということと同意義です。

住宅ローンの団体信用生命保険も銀行が提携している保険会社にもよりますが、多くの銀行では団体信用生命保険の審査が通らず融資NGになってしまうのです。

 

奥さんが主たる債務者の場合は、本審査が通ったけど、金消契約時に団体信用生命保険の審査により、契約が出来ないと言う事になりかねますので要注意です。

当然ですが、ローン解約は出来ませんから売主に手付流しを行う必要が出てきます。

 

奥さんがローン実行までに職場復帰しないとローンが下りない。

 

銀行の契約前に出産し、団体信用生命保険の審査が問題なく通った場合でも、まだ安心は出来ません。

ローン審査を行った際の年収になるように職場復帰を行わないと、奥さんの収入減少により希望借入れ額の審査がNGになってしまいます。

奥様が妊娠し、引き渡しまでに職場復帰が不可だった場合、ご主人単独で借入れができる銀行に変更するか、つなぎ融資のまま決済を行うかの2沢になるでしょう。

 

奥さんの妊娠が発覚したらフラット35がお薦めの理由

 

奥様の妊娠が発覚したことは本来おめでたい事なのですが、住宅購入の資金計画が一気に崩れてしまいますから、ここは旦那さんの腕の見せ所でしょう。

都市銀行で借入れを行っていた場合は、審査金利が高いので奥様の収入合算をしないとローンが通らないなどの問題があります。

年収の低い20代の350万円の旦那さんの場合は審査金利4%で審査されてしまうと、2100万円までしか借入れが出来ません。

ここで借入額を増やすために利用するのがフラット35です。

 

フラット35は固定金利、将来金利上昇リスクはありません=審査する月の金利が審査金利になります。

都市銀行などの4%付近で審査されるよりも、1.45%~1.89%で審査されたほうが、明らかに借入額が増えます。

(350万の年収だと、都市銀行では2,100万程度だが、9割のフラット35であれば2880万まで増える。)

 

同じ条件で700万円も借入額が伸び上、条件もそこまで悪くなるわけではありませんから、年収の低い20代がフラット35を利用しないのはもったいないです。

 

更に奥さんが産休中でもペアローンを組む場合、妊娠中に通らない「団体信用生命保険」はフラット35では任意です。

よって団体信用生命保険の審査を行わなくてもローン審査が出来ますので、収入による審査でokがでれば産休中の収入でも希望借入れ額を借入れすることが出来ます。

フラット35のお薦めする銀行窓口は、フラット35の窓口はどこがいい?累計100件は決済した元プロがランキング形式で全力解説。をご覧ください。

これから家を探すパートナーを見つける場合は次の内容がとっても大事です。

 

注文住宅の失敗者がなぜ後を絶えない?失敗者と成功者の家探しの行動の差とは

すべてのハウスメーカーの広告・住宅展示場で良いことばかり謳っているの、こんなはずじゃ無かった!と失敗者が後を絶ちません。

注文住宅を建てる人の全てが家造りで成功したいはず。

注文住宅で成功するためには、住宅展示場に行く前のあるたった1つの行動が重要になってきます。

初心者でも成功する住宅展示場に行く前のある重要な行動とは?

 

元住宅営業マン一押し!未公開物件・注文住宅の情報収集に使えるサービス3選

不動産屋(商品開発)・住宅販売の実務や、実際に身内のために30社以上ハウスメーカーに問合せした経験から、本当にすごいと思ったサイトを厳選して紹介します。

タウンライフ家づくり

累計112万人が利用し、全国600社の大手ハウスメーカー&地元工務店から複数の間取り&資金計画が無料で手に入れられる相見積もりサイト。

プラン力は勿論・1つのハウスメーカーにとらわれないあなただけのオリジナルの家造りが出来ます。

本格的な資金計画が手に入るのはここだけです。

タウンライフ不動産

100人中44人が未公開物件が貰えたと好評!元ハウスメーカーが作ったサービス。

不動産業界の仕組みを理解し、未公開物件が手に入りやすいのが人気の特徴です。

独自の基準をクリアした全国300社の大手&地元不動産会社に直接問合せできる為、土地探しや都内の未公開物件はもちろんのこと、未公開の売主物件(仲介手数料不要)物件も手に入ることも場合もあるので土地探しには特にオススメ。

筆者も1件未公開物件貰った実績有り。

住友不動産販売株式会社

全国268店舗と三井のリハウスに続く不動産業界第2位に位置しますが、物件登録数はNO,1という実績があります。

売却査定、建売業者への専任返し(限定物件)多く、新しい物件情報が毎日入ってくる業者。

それくらいすごい会社ですし、個人的に売り買いのどっちの取引でもお世話になりました。

私の実務経験上でも紹介される用地案件が多く、ネットに載せない住友不動産販売のみで扱う案件も多いので必ず1回は問合せしておいた方が良いです。

-ハウスメーカー購入体験談・口コミ

Copyright© 戸建て購入の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.