ハウスメーカー購入体験談・口コミ

地元の不動産屋から掘り出し物件があるってマジ?売主直売で購入した体験談【口コミ】

投稿日:2018年8月5日 更新日:

突然ですが!

あなたが住宅購入をするなら「地元の不動産屋・工務店」か「大手不動産屋・大手ハウスメーカー」のどちらから購入しますか?

おそらく多くの方は、大手不動産屋・大手ハウスメーカーから購入したいと思うでしょう。

ただそれだけで一生のパートナーになる業者を選んでいいのでしょうか?

確かに大手不動産屋・ハウスメーカーは、ブランド力・資金力を武器に、すごい商品を開発したり、物件数も豊富に持っていたりします。

ただブランドがあるからといって、数を多くこなしている・作る工程は外注化しているなどのから、ブランドにより物件価格が高かったり、アフターサービスに支障が出る場合も・・・

 

大手不動産屋だからといってすべてがメリットってわけでもありません。

デメリットだってあります。

 

そのデメリットが逆にメリットになるのが地元の不動産屋です。

資金もなく、物件数も少ないですが、数が少ないことで1人1人のアフターサービスが手厚く成ったり、ブランドがないことから販売価格が安かったりするものです。

今回は地元の不動産屋から直売で建売住宅を購入された方の体験談と、地元の不動産屋から購入する3つのメリットをご紹介をさせていただきます。

 

地元の不動産屋の直売物件を購入した体験談

購入した住宅・ハウスメーカー(分譲会社)・購入エリア(都道府県だけで結構です。)あなたのご家族構成を教えてください。

 

戸建を購入したのは、地元の小さな不動産業者が分譲したミニ開発の物件です。

当時は子供が小学生と中学生で、転校するのが嫌だと言うので、元々住んでいた所から、そう遠くはない場所です。

購入エリアは大阪府の下町風情の残るエリアで、昭和30~40年代に建てられた住宅が壊されて、そこに数軒から多くて20~30軒の住宅が建てられると言う状況でした。

 

戸建て購入の希望していた条件及び資金計画・住宅ローンの利用について教えてください。

 

元々、マンションよりも戸建住宅を希望していたのは、小さくても庭のある家に対する憧れがあったからです。

大阪の中心街から30分程度で、昔からのベッドタウンでなかなかでないエリアです。

たまたま近所を歩いていた時に建物が解体されており、看板を見て問い合わせしました。

土地価格もそこそこ高く、大きな庭は望めませんが、少しでも花を育てられるスペースのある事が条件でした。

 

間取りは子供が男女各1人なので、それぞれ小さくても個室を与えられる3LDKが希望でした。

購入資金としては、結婚時に購入した小さな中古住宅のローンを貯蓄で完済し、その古い住宅を売却したお金を頭金として、残りは銀行からの住宅ローン借り入れで賄う計画を立て、購入を実現しました。

ミサワホームの中古物件は評判は?賢くミサワホームの中古を購入するポイント3選

 

 

戸建購入をして良かった点とは?購入したハウスメーカーの良い点も教えてください。

元々、昔ながらのマンションで育ったこともあり、小さくても庭のある戸建て住宅への憧れが強かったのですが、小さな庭で季節の花を育てたり土に触れる事が実現でき満足しています。

またマンション等では、上下階や隣の部屋に迷惑を掛けないように、子供が少し大きな声を出したり、走り回ったりすると非常に気になるものですが、戸建ではそんな心配がないのも良い点です。

また購入した物件は、地元の不動産屋さんが建築し、直売するという販売直後物件でした。

 

大手のハウジングメーカーでない点は少し心配でしたが、地元に根付いて自宅を兼ねた店で長く営業されている不動産屋さんなので、当然地元での評判を気にされており、後から考えるとむしろ信頼できる業者さんだと思いました。

サラリーマンにとっては新築戸建て住宅は一生涯で一度の大きな買い物で、騙されたり、欠陥住宅や手抜き工事にある事が最も心配な事で、業者さんが信頼できるのかと言う点が、最も購入時に気にした点です。

新築の戸建て住宅を購入する際には、どこの会社か分からない中小のハウジングメーカーよりも、むしろ地元密着の会社の方が信頼でき、またアフターフォローの点でも安心だと感じています。

中央住宅の提案は魅力的って本当?ポラスの建売を購入した体験談【口コミ】

 

 

戸建住宅購入時の思わぬ失敗点・後悔したポイントを教えてください。

冒頭に記した様に、資金計画は元々中古で購入した2戸一の住宅のローンを完済し、その住宅を売却したお金を頭金として、残りを銀行の住宅ローンで賄う計画としていました。

従ってローンを完済した住居が売れなければ計画が色々と狂ってしまいます。

少しでも高く売却するには仲介で売るのがベストでしょうが、いつ売れるかとヤキモキしなければならず、新たに購入する住宅が不動産屋の直売であった事もあり、その心配を相談しました。

その結果、不動産屋さんに下取りの形で、元の住宅を購入してもらう事が出来ました。

 

今となっては、比較はできませんが、ヤキモキしたり心配したりせずに、資金計画通りにローンを組んだりでき、下取りにしてもらって良かったと思っています。

間取りも希望通りで、収納も多く取れ、特に新居を購入した後で、後悔するポイントはありません。

また小さな庭も希望通りについていますが、強いて言えば下町の住宅が比較的建て込んだ立地で、庭の陽当りが余り良くない点が残念なポイントと言う程度です。

敷地面積が限られた中で、完全な建売ではなく、自由設計も織り込めたので、その点でも自分達にとって使いやすい住居となっているのも嬉しいポイントです。

 

これから戸建を購入する方へアドバイスをお願いいたします。

マンションの場合には、修繕費を積み立てている事で、住宅のメンテナンス費用は毎月強制的に積み立てている事になりますが、戸建住宅ではメンテの時期も自己判断ですし、その費用ももちろん自分で準備する必要があります。

住宅ローンを組み際に、ボーナス時に多く返済したり、生活に余裕がなくなる程の借り入れをすべきでないとよく言われます。

不動産会社等は返済の事は無関係で、売る為に、返済がきついローンも大丈夫と発言したりします。

 

月々の返済はもちろんの事、10~15年もすれば屋根や外壁の塗装もメンテのリフォームとして必要ですし、またローンの金利がいつまでも現在の超低水準であるかも分かりません。

こうした点も考慮して、無理な借り入れ計画は絶対組まない事が大切です。

住宅ローンの変動金利は5年後どうなる?金利予想とリスク対策を解説

地元の不動産屋から直売で購入できたというのは非常に珍しいパターンです。

下手に大手のハウスメーカーよりも、地元の不動産屋のほうがアフターサービスや評判が良かったりもするのです。

 

 

地元の不動産から購入する3つのメリット

数は少ないが地元の不動産屋は大手にないパイプラインを確実に持っている。(良い物件は安い値段で出る可能性もある。)

 

地元の不動産屋(建売業者)・工務店は年間棟数が年10棟~20棟程度の会社が多く、数はかなり少ないのですが、地元で長くやっていると、大手では決して出回らない物件がほかの地元の不動産屋から買取の紹介がもらえたりします。

(私も地元の不動産屋という立場で働いておりましたので、これだけは強く言えます。)

 

大手では回らず地元の不動産屋が多くもらえる物件は、駐車場などの管理物件です。

地主が相続で管理してもらっている物件を売らないといけないときが来た場合、まず最初に声がかかるのは管理している不動産屋です。

地主と地元の不動産屋は、親の代から仲が良い場合が多く、ほかの不動産屋には販売活動を依頼しないケースが多く、地元の不動産屋ならではのオンリーワン物件が出来上がります。

その土地を地元の不動産屋(建売業者)に紹介が来ますので、喜んで買い取っているわけです。まさに地元つながり。

 

そして地元の不動産屋から紹介してもらった物件は基本かなりいい物件の上、安い。こういう物件を建売や売地で購入できれば最高です。

掘り出し物件というのは最初っから更地の物件ではほとんどありません。(価格も高いから)

殆どの物件が建物が解体される前に売れていたりします。

建物が解体されている土地があれば売地・建売になるので掘り出し物件の情報ゲットチャンスです。

 

地元の不動産屋は事務所が近いため、アフターサービスの対応が速い傾向あり。

 

この体験談の方が心配されていたのは、地元の不動産屋だからアフターサービスが悪いんじゃないかと思われがちですが逆です。かなり気を使っているはずです。

地元の不動産屋が販売している物件は事務所から近い(工務店などが建築できるぐらいの範囲)を販売エリアとしているため、不具合が起きても車ですぐに対応してくれます。

大手メーカーだと販売エリアが全国区だったりするので、不具合を担当者が確認するにしても物理的に時間がかかります。(待たされると心理的にストレスになるからダメね。)

 

地元の不動産屋・工務店が建てた物件を直売で購入したら仲介手数料無料!

地元の不動産屋や工務店の物件を直売で購入できるのはかなりお得です。仲介手数料が無料なんですよね!

通常の戸建て・土地購入は8割~9割は仲介会社経由で住宅購入を行うため、ほぼすべての人が仲介手数料を払っているのですが、残りの1割の売主直売物件を帰れば、諸経費が安い上、掘り出し物件だったってことも良くある話です。(他社が紹介できない自社販売物件)

最初から地元の不動産屋に狙いを絞って購入するのも大いにありです。結構お勧めします。

地元の不動産屋から売主直売物件を見つけるのは難しいですが、地元の不動産屋から直売物件を見つけたときの恩恵はかなりデカいです。

かなり確率で住宅購入が良いものになるでしょう!

毎日探しているのに好条件の物件・土地が無いの理由がある!決して表に出ない未公開物件を貰う方法

SUUMOやホームズなどのネットサイトで、毎日物件を探しているけど・・・

「同じ物件ばっかり!」

「物件数が少ない!・良い物件が無いよ・・・」

と悩んでいませんか?

あなたが探している良い条件の物件・土地情報は、不動産業界ならではのある重要なことを無視しているスーモやホームズでもなかなか見つからないのが現状です。

その一方、あなたの知らないところで好条件の未公開物件を検討し、好条件の物件を購入している人を知りたくありませんか?

まだ見ない好条件の未公開情報を手に入れるはコチラ>>

 

 

元住宅営業マン一押し!未公開物件・注文住宅の情報収集に使えるサービス3選

不動産屋(商品開発)・住宅販売の実務や、実際に身内のために30社以上ハウスメーカーに問合せした経験から、本当にすごいと思ったサイトを厳選して紹介します。

タウンライフ家づくり

累計112万人が利用し、全国600社の大手ハウスメーカー&地元工務店から複数の間取り&資金計画が無料で手に入れられる相見積もりサイト。

プラン力は勿論・1つのハウスメーカーにとらわれないあなただけのオリジナルの家造りが出来ます。

本格的な資金計画が手に入るのはここだけです。

タウンライフ不動産

100人中44人が未公開物件が貰えたと好評!元ハウスメーカーが作ったサービス。

不動産業界の仕組みを理解し、未公開物件が手に入りやすいのが人気の特徴です。

独自の基準をクリアした全国300社の大手&地元不動産会社に直接問合せできる為、土地探しや都内の未公開物件はもちろんのこと、未公開の売主物件(仲介手数料不要)物件も手に入ることも場合もあるので土地探しには特にオススメ。

筆者も1件未公開物件貰った実績有り。

住友不動産販売株式会社

全国268店舗と三井のリハウスに続く不動産業界第2位に位置しますが、物件登録数はNO,1という実績があります。

売却査定、建売業者への専任返し(限定物件)多く、新しい物件情報が毎日入ってくる業者。

それくらいすごい会社ですし、個人的に売り買いのどっちの取引でもお世話になりました。

私の実務経験上でも紹介される用地案件が多く、ネットに載せない住友不動産販売のみで扱う案件も多いので必ず1回は問合せしておいた方が良いです。

-ハウスメーカー購入体験談・口コミ

Copyright© 戸建て購入の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.